ERP導入支援

概要

お客様があらゆるフェーズで抱えている課題を、現場に入り状況を正確に把握し、システムが確実に定着するよう支援します。

想い

「その投資、本当に適切ですか?」
我々は過去多数のプロジェクトに参画してきましたが、多くのお客様に共通して見受けられる傾向があります。
それは、開発に膨大な費用を投じる一方、最重要事項である「現場教育」を疎かにしてしまった結果、想定していた効果が出ないことや、システムが定着しないことが多く見受けられるということです。
例え膨大な費用を投入し、素晴らしいシステムを構築したとしても、現場が使いこなせないシステムは意味をなさない、ただの”箱”と化してしまいます。
プロジェクトの総費用から考えると、定着化に必要な費用はほんの僅かですが、開発を優先するためにその僅かな費用を削り、結果的に”箱”にしてしまうお客様が後を絶たない現実があります。
プロジェクトの成功に教育投資は不可欠です。我々はその現実を伝えると共に、現場で様々な手法を駆使することで、プロジェクトを成功に導きます。

提供サービス

システム導入前

  • ・現有課題の抽出・分析
  • ・現行業務機能概要調査
  • ・システム現状分析
  • ・対象領域と改革方針案策定
  • ・新業務機能概要検討
  • ・提案依頼書(RFP)作成
  • ・ベンダー提案評価
  • ・次フェーズ活動計画策定

システム導入中

  • ・PMO支援
  • ・各フェーズの要員支援
  • ・定着化支援(計画、啓蒙、マニュアル開発、トレーニング、本番稼動支援、社内ヘルプデスク運用、オンサイトサポート)

システム導入後

  • ・定着化支援(システム分析、業務分析、GAP分析 / ToBe策定、要件定義、設計・開発、テスト、マニュアル開発、トレーニング、社内ヘルプデスク運用、オンサイトサポート)

特徴

システム導入時には小さな問題から大きな問題まで様々な問題が生じますが、問題を見逃してしまったり、過小評価してしまった結果、クリティカルな問題に発展してしまい、命取りとなってしまうケースがあります。

例えば、システム導入時に表面化する問題の中で、「システムが現場に定着しない」といった問題を抱えるお客様が多数いますが、その原因には大きく3つのケースが見受けられます。

一つ目はシステム設定が業務に適していないケース、二つ目はユーザーのシステムに関するスキルが不足しているケース、三つ目は担当者が問題を正しく認識/評価/コントロールできていないケースです。

LTSは数々の現場への定着化に関するプロジェクトを手掛け、蓄積された豊富なナレッジから、これらの問題が発生しないよう、お客様のプロジェクトを成功へと導きます。

既にこれらの問題が発生してしまっているお客様には、その場凌ぎのソリューションを提供するのではなく、様々な手法を駆使し、潜在的な問題を発見し、問題の根本から解決するようなコンサルティングを行います。

早期にお客様のシステムを定着させ、期待していた効果を最大限に引き出すため、多様なソリューションを提供します。

選ばれる理由

LTSはお客様の中でお客様とともに手を動かすことで、お客様の最大限の力を引き出す環境を創出します。プロフェッショナルがお客様サイドでサポートするため、安心してプロジェクトを運営することができます。

導入事例
ERP短期間導入の達成をスタートに経営のIT化の基盤を構築
(お客様インタビュー:フソウ様)
システム利用者にとって必要な情報を提供するための計画から教育実行の支援まで実施
2ヶ月で業務領域全般を網羅する業務分析を実施、次フェーズへのインプットを提供
問合せへの即時対応から、新業務プロセス・IFRS対応まで広範囲でシステム運用を支援
業務視点のシステム構築支援とユーザーの巻き込みが導入成功のカギ
システム開発と並行したマニュアル展開を実現し、早期の定着化を推進
新業務オペレーションを網羅した教材開発と、研修実施まで2年以上支援