導入事例:日清オイリオグループ株式会社様

SCM領域における業務アセスメント支援

在庫最適化検討における業務アセスメントと課題抽出、システム構想立案

概要

営業から生産、物流まで、サプライチェーン全体における在庫最適化の実現に向けた業務アセスメントの実施・システム化構想立案を支援しました。また、システムありきではなく業務視点による施策の提案をしました。

背景・課題

  • 現状の在庫管理レベルと今後の売上拡大を見据え、より精度の高い生産管理・在庫管理体制の確立が喫緊の課題となっている
  • 課題解決に向け、在庫管理に関連する、調達、生産、販売、物流といったSCM領域の業務を可視化し、在庫管理のボトルネックになっている本質的な問題と全体最適な解決策を特定することが急務である

課題解決ポイント

仮説課題を検証し課題を深堀り、現状業務の課題解決だけでなく、次世代SCMとしてめざすべき方向性の検討から、システム化構想を検討しました。また、システムありきでなく、業務視点でも施策を検討し、組織横断の検討を支援しました。

    システム化を中心とした視点での課題解決施策

  • 中長期的、短期的な在庫バランス情報の一元化、可視化による在庫の見える化
  • 中長期販売計画データを管理、過去データからの発注タイミングの予測による在庫バランスの精度向上
  • 業務・組織を中心とした視点での課題解決施策

  • 計画精度向上が在庫バランスにとって大きいメリットとなることの理解を深める意識改革
  • 在庫に上限があることを前提とした、業務の再定義
  • 組織の役割・責任の所在の再定義・情報連絡ルートの集約

LTSの提供サービス

  • ブラックボックスになりがちな組織間の連携や個別対応を可視化し、課題を明確化
  • AsIs課題の分析と、製品・生産形態・企業文化特性に合ったサプライチェーンのToBe検討から、方向性を検討

成果

システム企画構想における、課題の把握と施策の方向性

お気軽にお問い合わせください

03-5312-7010

採用:03-5312-7015
IR問合窓口:03-5919-0512


お電話でのお問い合わせ受付時間 9:30〜18:00