広報・IRブログ

関西事業部で大阪市LGBTリーディングカンパニー認証★★を取得しました

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア

こんにちは!LTS関西事業部の中村と申します。

LTSでは多様性に関する活動を進めており、その一環として3月15日に関西事業部大阪オフィスの所在する大阪市にて、大阪市LGBTリーディングカンパニー認証★★を取得しました。

大阪市HPにも認証事業所として掲載されております。
https://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000530550.html

今回は認証取得の背景やLTSで行われている取り組みについてご紹介します。
また、多様性に関する取り組みの一環ということで、ページ下部に英語でも併記しています。

認証取得の背景

■多様な人々が活き活きと働ける職場づくりに向けて
大阪市LGBTリーディングカンパニー認証取得は、LTSにおける多様性に関する活動の一環として行っています。

「自由で活き活きとした人間社会」の実現をミッションとして掲げているLTSとしても、多様な人材が互いの個性や価値観を尊重し合いながら、それぞれのもつ力を十分に発揮できることを意味するダイバーシティ&インクルージョンの推進は非常に重要です。

そのため、まずはジェンダー・セクシュアリティの切り口で取り組みを行い、今後の多様性に関する全社の活動の活性化に貢献したいという思いからこの活動が始まりました。

今回の認証取得の目的は大きく3つです。

  1. ミッション・ビジョン・バリューの実現に貢献するため
    LTSがマジョリティだけではなく、性的マイノリティの方々にとっても「四つ葉」となることが重要だと考え、今回の認証取得をその第一歩に位置づけています。

    ※四つ葉
    LTSの四つ葉のロゴマークは、LTSが一枚の葉としてお客様と一体化し三つ葉を四つ葉に変化させる、「質的な変化」をもたらす存在であることを意味しています。
    今回の取り組みにおいても、性的マイノリティの方々にとってLTSが4枚目の葉として三つ葉を変化させたいという思いを持って活動しています。

  2. グローバル企業へと成長する上での土壌を築くため
    日本におけるLGBTの取り組みは、法制度状況についてOECD諸国でワースト2位となるなど、世界と比べても発展途上といえる状況です。
    多くのグローバル企業が解決を目指している世界共通の課題に対して取り組むことによって、今後LTSがグローバル企業へ成長していくための基盤づくりに貢献できると考えています。
  3. 関西圏での地域のつながりを構築するため
    関西事業部では、関西圏における多様な国内外のプレイヤーとの関わりを強化していきたいと考えており、関西の地域活動に貢献するとともに、多様性の基盤を作っていくことが重要だと考えています。

LTSで行われている取り組み

■差別の禁止
就業規則にて、性的指向・性自認に関する言動並びにこれらに該当すると疑われるような差別的言動や嫌がらせの禁止を規定しています。
性的マイノリティの方のなかには、職場で差別的な発言を頻繁に耳にすることがあると答える人が少なくないことで、カミングアウトをしたいと思っていても、差別的言動やアウティングに不安を感じ、カミングアウトをするのが難しいと感じる人が大半となっています。

■相談窓口の設置
職場での困りごとについて相談できる社内の相談窓口「職場の相談カフェ」を設置し、性的マイノリティに関する相談を受け付けています。

■インクルージョン研修の実施
関西事業部にて、男女平等と性的マイノリティをテーマに研修を実施しました。
そもそもの定義から、世界と比較した日本の現状や職場における困難、LTSの現状と他社事例まで幅広い内容を扱いました。


(インクルージョン研修資料一部抜粋)

研修の中ではワークも実施され、実際に性的マイノリティの方の意見を伺い、より理解を深めていきたい、という声が多く上がりました。

■採用申込の性別記載欄の変更
採用申込時のシステム入力欄において、性別選択に男女以外の項目を設定しています。

性的マイノリティの中でも、特にトランスジェンダーの方が、性別選択の際にどちらを選ぶべきかわからず、求職時に困難を感じる人が多いとされています。

最後に

■今後の取り組み
今回認証を無事取得することができましたが、認証を取得する以上にリーディングカンパニーとして活動を継続し、社会において性的マイノリティ課題に対する活動を先導する役割を担っていくことが重要だと感じています。

そのため、今後は下記のような取り組みを行い、社内の理解を促進させていきたいと考えています。

  • 男女平等と性的マイノリティをテーマにした研修の全社展開
    大阪市での認証の取得を目下の目標としてきたため、関西事業部にて研修を実施しましたが、関西事業部に閉じず、全社的にインクルージョン研修を展開することで、理解促進に寄与したいと考えています。
  • ジェンダーや多様性に関する勉強会の継続的な実施
    今回はLGBTに焦点を当てていましたが、より広くジェンダーや多様性についても理解を深めるために、勉強会を実施し、今後社内で行っていく取り組みについても検討していきたいと思っています。
  • 当事者との交流・意見交換
    多様性の理解を深める上で、マイノリティの方が感じている困難をよりリアルに理解することが活動を進めていく上で不可欠だと感じています。そうすることで、想いに寄り添った取り組みを行っていくことにつながると考えています。
  • 関連スタートアップとの協業
    関西事業部が所属しているNPO法人生態会には多種多様なスタートアップが所属しています。
    今後は関連するスタートアップとの協業も視野に活動を進めていきたいと思っています。
    協業を皮切りに、将来的にはLTSのサービスのひとつに成長させていけたらと考えています。

このような取り組みを通じて、LTSがより多くの方にとっての「四つ葉」となり、自由で活き活きとした社会の実現に貢献できるよう、積極的に活動を進めてまいりますので、今後の取り組みにもご期待ください!

LTSのダイバーシティ&インクルージョンの取り組みについて:
https://lt-s.jp/about_us/sustainability/diversity_inclusion
関西事業部の取り組みについて:
https://lt-s.jp/about_us/sustainability/regional_contribution

 

~~補足~~
■大阪市LGBTリーディングカンパニー認証とは

「大阪市LGBTリーディングカンパニー」認証制度は、性的マイノリティの方々が直面している課題等の解消に向けた取り組みを、先進的・先導的に推進する事業者等を、本市が一定の基準に則り認証するものです。
(大阪市HP:https://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000457206.html

この認証には、20の基準が設けられており、適合する基準の数に応じて★「一つ星認証」~★★★「三つ星認証」といった3段階の認証が定められています。

認証事業者となることによって、下記3つのことが可能となります。

  • 商品や名刺等に「大阪市LGBTリーディングカンパニー認証」を表示すること
  • 大阪市による取り組み内容に関する情報を発信すること
  • 大阪市が行う、求職者への就職支援事業において求職者に取り組み内容に関する情報を提供すること

 

LTS Kansai Dep has received the two-star certification in the “Osaka City LGBT Leading Company.”

(Written by Miho Nakamura @LTS Kansai Dep.)

On March 15th, LTS Kansai Dep. has received the two-star certification (★★) in the “Osaka City LGBT Leading Company” certification system.

Information of the certificated companies is available as mentioned below.
Osaka City:https://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000530550.html

This blog reports why LTS should be LGBT-friendly and what has been introduced in LTS.

Why LTS should be LGBT-friendly

■Making workplace where various people can work vividly
This acquisition of the certification is the first step to encourage diversity in LTS, especially from the perspective of gender and sexuality.

We LTS, have a company mission, we create human society free and vivid, consider the importance of diversity and inclusion (D&I) which means various people can release the possibilities by respecting individual creativity and personality.

For the sake of company-wide diversity activities, first we started with “gender and sexuality.”

There are three main purposes of this qualification.

  1. To realize Mission/ Vision/ Value
    It is important not only for majority but for minority to be a “forth leaf” of a clover.
    As a first step, we meet the standards of the certification in the “Osaka City LGBT Leading Company.”

    ※Clover
    Clover as our logotype stands for; LTS, as a leaf, will unite with customers, as a three-leaf clover, to bring qualitative change which make three-leaf clover to four-leaf clover.
    In this activity, we can be the fourth leaf to who are sexual minorities.

  2. To build a foundation to be a global company
    The initiatives to be LGBT-friendly in Japan is developing slower compared to other countries in OECD, as Japan ranked the second-worst place regarding legal systems.
    As a future global company, it is meaningful to take action in order to solve the world-wide issue that many companies engage.
  3. To make a connection in Kansai area
    For Kansai Dep, the contribution to Kansai area and the base of diversity help to strengthen the connection with domestic and overseas players.

What has been introduced in LTS

■Prohibit the discriminations
In the rules of employment, it is forbidden to discriminate and harass someone in terms of sexual orientation and gender identity.
LGBTQ people feel unsafe and uncomfortable when they often hear discriminatory comments in the workplace. That makes them difficult to come out even if they are willing to.

■Establish the consultation counter
“Counseling cafe in workplace” is available for the people who have any problems including SOGI things.

■Conduct an employee training about D&I
A training program was conducted in Kansai Dep, regarding gender equality and LGBTQ+.
It provided opportunities not only to learn an extensive knowledge but to discuss with other members.


(Excerpts from the training)

After the training, some members are motivated to understand more through a direct dialogue with LGBTQ.

■Provide an option of “Other” in the application form for candidates
When candidates choose sexuality in the application form, they have an option to select “other” in our system.

For sexual minorities, particularly transgender people, it is not comfortable to choose either “male” nor “female”.

Future Initiatives

As mentioned before, the acquisition of this certification is merely the first step of D&I.
What more important is to make continuous efforts to play a role of a leading company in gender and sexuality issues.

Our next step is to make all staff understand more about D&I through the initiatives below.

  • Provide the training program to all LTS group
  • Hold study sessions focusing on gender and other D&I topics
  • Exchange opinions with LGBTQ people
  • Collaborate with D&I related start-up companies

We are now trying to solve D&I issues to become a “forth leaf” of a clover, so that we can make free and vivid society.

Please look forward to the next action.

お気軽にお問い合わせください


採用、IRのお問い合わせはお電話でも受け付けています
受付時間:9:30~18:00

採用:03-5312-7015
IR問合窓口:03-5919-0512