お知らせNews
カテゴリ
キーワード

LTSが受託運営する「ひろしまイノベーションハブCamps」が広島県内外のコワーキング施設と連携し Web3国際カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」のパブリックビューイングを実施します

LTSが受託運営する「ひろしまイノベーションハブCamps」が広島県内外のコワーキング施設と連携し
Web3国際カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」のパブリックビューイングを実施します

株式会社エル・ティー・エス(代表取締役社長:樺島 弘明、本社:東京都港区、以下:LTS)は、広島県から運営業務を受託している「ひろしまイノベーションハブCamps(以下 Camps)」でオンラインイベント「Web3 Tokyo 2022」のパブリックビューイングを実施します。また、Campsをハブとして広島県内外5か所のコワーキング施設を同時につなぎ、地域で一体感のあるイベントを演出します。

今回のコラボレーションは、Web3業界における最先端技術の情報発信と実証実験を広島で行うことを目的としており、Camps会員で構成する「ひろしまCamps DAO」と、日本と世界のWeb3市場を繋ぐことを目指す国際カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」によって実現しました。

広島県内外のコワーキング施設各所で、一般の方も参加できるパブリックビューイングによって本イベントを実施することにより、都市圏と地方の情報格差を解消し、広島県内企業のイノベーション創出にWeb3を活用していくきっかけ作り、またその実証実験の場とすることを目指します。

「Web3 Tokyo 2022」のパブリックビューイングに参加するコワーキング施設は、Campsの他に広島市から「fabbit広島駅前」「ポートインク」「ポクラ」、尾道市から「ONOMICHI SHARE」、岡山市から「ももスタ」の5施設となります。
カンファレンスや各施設の詳細は「Web3 Tokyo 2022」の公式サイトを参照ください。
https://web3tokyo.xyz/

※LTSは「Web3 Tokyo 2022」の協力企業としても本カンファレンスをサポートいたします。

【株式会社エル・ティー・エスについて】
東京証券取引所 プライム市場(証券コード:6560)
株式会社エル・ティー・エスは、デジタル時代のベストパートナーを目指し、お客様の変革実行能力を高めるためのコンサルティングを主軸としたプロフェッショナルサービスと、IT業界の企業や人材をつなぎ新しいビジネス機会を創出するプラットフォーム事業を運営しています。
URL:https://lt-s.jp/

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社エル・ティー・エス 広報担当 E-Mail: info@lt-s.jp

お気軽にお問い合わせください