お知らせNews
カテゴリ
キーワード

ERP・RPA導入時の業務コンサルティング支援で「GRANDIT」との協業を開始しました

ERP・RPA導入時の業務コンサルティング支援で「GRANDIT」との協業を開始

 
株式会社エル・ティー・エス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:樺島 弘明/以下、LTS)は、GRANDIT株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石川 研一/以下、GRANDIT社)とRPA※1パートナーの契約を締結し、協業を開始しました。
LTSは従来より、ITコンサルティングサービスにてERPパッケージ「GRANDIT」の導入支援実績があり、今回の協業により、「GRANDIT」導入企業を含めた多数の国内大手~中堅企業を対象として、業務・ITコンサルティングサービスを幅広く提供してまいります。

■企業の「働き方改革」「生産性向上」を専門としたコンサルティングサービス
労働人口の減少や、生産性の改善に向けた取り組みが多くの企業で検討されていますが、場当たり的な「労働時間の抑制」や「IT導入」では、企業変革は限定的な効果に留まります。事業戦略を見据えた上で、ビジネスプロセスを可視化、プロセスの改善・デジタルシフトを実現することが、企業の変革には不可欠です。LTSでは、ERPやRPAを「ツール導入」として終えるのではなく、業務のデジタル化・効率化に向けた企業全体の取り組みとして推進し、変革後を踏まえた成長を共に描くコンサルティングサービスを提供しております。

【LTSのサービスメニュー】

■LTSの業務/ITコンサルティングの特徴 ~「人が動き出すシステムづくりのプロ集団」~
LTSのITコンサルティングサービスは「人が動き出すシステムづくりのプロ集団」として、上流フェーズの業務可視化・問題分析・要件定義の支援にとどまらず、新業務の導入・定着まで一貫したサービスを提供しています。上流フェーズではコンサルタントとしての合理的で客観的な視点を維持しつつ、HCD(人間中心設計)やデザイン思考を用いながら絵に描いた餅にならないシステム・業務・人を含めた仕組み全体を描きます。プロジェクトマネジメントの支援だけでなく、システム導入前後のプロモーション活動やユーザ教育、新業務稼働後のフォローと改善まで、実際にシステムが変わり、人の行動が変わり、組織に変化が生じるまでのプロジェクトライフサイクルの全てをお客様と共に歩んでいきます。

■数多くの導入実績を誇る純国産ERPパッケージ「GRANDIT」
「GRANDIT」は、コンソーシアム方式により業界を代表するIT企業が集まって知恵とノウハウを集大成した進化系ERPです。経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費といった基幹業務に加え、BI※2(ビジネスインテリジェンス)、EC、ワークフロー等を標準搭載し、多言語、多通貨、マルチカンパニー機能などの全ての機能を統合。マルチブラウザやクラウド、RPAといった最新インフラをサポートすることにより、ビジネス環境の変化に対応し、ビジネスの可能性を拡げることで、日本企業の成長を支えます。

【GRANDIT株式会社について】
GRANDITコンソーシアムの運営を行い、コンソーシアム各社に蓄積されたノウハウやお客様の声を「GRANDIT」の製品開発に反映しています。また、「GRANDIT」のパッケージ著作権、パッケージ産業財産権を持ち、プロダクト維持管理、保守及び導入支援を行っております。
<会社概要>
代表者 : 代表取締役社長 石川 研一
設 立 : 2003年10月
所在地 : 〒150-0001東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル
URL : https://www.grandit.jp/
事業内容: ERPパッケージの企画、開発、保守及び導入支援

【株式会社エル・ティー・エスについて】
「お客様の現場に入り込み、人に働きかけることで戦略の実行にコミットする」をサービスポリシーとし、企業変革・働き方改革・デジタルシフトを支援する企業です。ビジネスプロセスマネジメントと先端テクノロジーへの知見を通じて、自律・継続性を踏まえた実効性のある変革支援サービスを提供しています。
東京証券取引所 マザーズ市場(証券コード:6560)
<会社概要>
代表者 : 代表取締役社長 樺島 弘明
設 立 : 2002年3月
資本金 : 459,100,600円(2018年6月30日時点)
所在地 : 〒160-0022 東京都新宿区新宿2-8-6 KDX新宿286ビル3階
URL : https://lt-s.jp/
事業内容: プロフェッショナルサービスの提供
     (コンサルティング、ビジネスプロセスマネジメント、デジタル活用サービス)
     ITプラットフォーム「アサインナビ」の運営
     (ITビジネスコミュニティ、採用・人材育成、M&A支援、メディア運営)

■注釈
※1 RPA(アールピーエー) Robotic Process Automation(ロボティックプロセスオートメーション)の略
画面上のアプリケーション、システム画面を識別し、人間と同じように操作を行うことができるようなソフトウェア(ソフトウェアロボット)のこと。
※2 BI(ビーアイ) Business Intelligence(ビジネスインテリジェンス)の略
経営・会計・情報処理などの用語で、企業などの組織のデータを、収集・蓄積・分析・報告することで、経営上などの意思決定に役立てる手法や技術のこと。

※「GRANDIT」は、GRANDIT株式会社の登録商標です。
※その他、記載している会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社エル・ティー・エス広報担当
TEL: 03-5312-7010
E-Mail: info@lt-s.jp

お気軽にお問い合わせください

03-5312-7010

お電話でのお問い合わせ受付時間 9:30〜18:00