お知らせNews
カテゴリ
キーワード

RPA導入支援拡大に向けたミャンマーでのオフショア開発を開始しました

RPA導入支援拡大に向けたミャンマーでのオフショア開発を開始
~オフショアRPA特化ベンダーとの協業により、RPA導入支援の効率化・業務ロボの短期/大量開発体制を実現~

 
株式会社エル・ティー・エス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:樺島 弘明/以下、LTS)は、日本国内企業向けオフショア開発の実績豊富なファンワードミャンマー株式会社(本社:ミャンマー連邦共和国ヤンゴン市、代表取締役社長(Managing Director):新井 隆司/以下、ファンワードミャンマー)との協業を2018年8月に開始し、LTS顧客向けにミャンマーでのRPAオフショア開発に着手したことをお知らせします。

【背景・経緯】
LTSは「RPA導入支援サービス」において、これまで多数の企業向けに上流設計・周辺整備~RPA開発~展開支援までのトータルサービスを提供しておりますが、特に上流工程での業務整理/ガバナンス整備での課題対応が重要なテーマとなっております。今回、よりスムーズなRPA導入~ロボット開発体制の実現に向けて、上流工程後のロボット開発のフェーズをオフショア開発化し、「LTSの上流工程コンサルティング」と「ファンワードミャンマーのRPA開発」のスキームを形成することで、LTSとファンワードミャンマーの強みを生かしたサービス提供体制を構築することとなりました。

【ファンワードミャンマーの強み】
ファンワードミャンマーは日本企業を親会社に持ちミャンマーを開発拠点とするオフショア開発ベンダーです。日本国内企業向けのオフショア会社として既に多数の開発実績を保有し、近年はRPAに特化した活動を行なっています。東京・大阪・京都の拠点メンバーが、日本のお客様とミャンマーのIT拠点チームとのコミュニケーション・ブリッジとなる一体化した業務推進体制を構築しているため、スピードが求められる対応にも素早く・柔軟に対応することが可能です。また「徹底した見える化」の仕組み・ノウハウで、さまざまな「オフショア・リスク」に対応していることも特色です。

【LTSの強み】
LTSはビジネスプロセスマネジメントを活用した業務の可視化・改善をコアサービスとし、業務分析・設計、新しい現場への展開を専門としたコンサルティング会社です。RPA導入支援においては、業務分析・アセスメント~RPA構築~運用設計など、お客様の業種・業界、組織体制に応じた多種多様な支援実績があります。

【ファンワードミャンマー株式会社(Funward Myanmar.,Co.,Ltd)について】
RPA分野と遠隔医療分野に特化したユニークなサービスを展開しています。6年間のオフショアでの経験を持ち、オフショア開発のツボを押さえた体制作りやコンサルティングが好評です。社員(現在30名)全員が日本語を得意としており、ブリッジに依存しないダイレクトなコミュニケーションが取れることも特色です。
<会社概要>
代表者 : 代表取締役社長(Managing Director) 新井 隆司
設 立 : 2013年6月
資本金 : 100,000米ドル
所在地 : No.316/322,9 Floor,9B,Middle Block,Shwe Bon Thar Road,Pabedan Tsp,Yangon,Myanmar
URL : https://funwardmyanmar.com/
事業内容: RPAに特化したITサービス、遠隔医療ソリューションの提供
      ミャンマービジネスコンサルティング

【株式会社エル・ティー・エスについて】
「お客様の現場に入り込み、人に働きかけることで戦略の実行にコミットする」をサービスポリシーとし、企業変革・働き方改革・デジタルシフトを支援する企業です。ビジネスプロセスマネジメントと先端テクノロジーへの知見を通じて、自律・継続性を踏まえた実効性のある変革支援サービスを提供しています。
東京証券取引所 マザーズ市場(証券コード:6560)
<会社概要>
代表者 : 代表取締役社長 樺島 弘明
設 立 : 2002年3月
資本金 : 459,100,600円(2018年6月30日時点)
所在地 : 〒160-0022 東京都新宿区新宿2-8-6 KDX新宿286ビル3階
URL : https://lt-s.jp/
事業内容: プロフェッショナルサービスの提供
     (コンサルティング、ビジネスプロセスマネジメント、デジタル活用サービス)
     ITプラットフォーム「アサインナビ」の運営
     (ITビジネスコミュニティ、採用・人材育成、M&A支援、メディア運営)

■注釈
RPA(アールピーエー) Robotic Process Automation(ロボティックプロセスオートメーション)の略
画面上のアプリケーション、システム画面を識別し、人間と同じように操作を行うことができるようなソフトウェア(ソフトウェアロボット)のこと。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社エル・ティー・エス 広報担当
TEL: 03-5312-7010
E-Mail: info@lt-s.jp

お気軽にお問い合わせください

03-5312-7010

お電話でのお問い合わせ受付時間 9:30〜18:00