ロボティックプロセスオートメーション (RPA)

RPAとは?

人の作業を自動化するソリューション

RPA (Robotic Process Automation)とは、人が端末で行う定型作業(クリック、コピー、ペーストなど)をロボットによって自動化するソリューションです。
「UI認識技術」と「ワークフロー技術」を融合させたツールで、単一または構造化データの取り扱いが可能です。

複雑で一連性を伴う手順の自動化

オブジェクトや画面を認識しフローチャートでの分岐処理が可能となるため、経理担当者が経費申請された交通費データを乗換案内サイトの情報と比較して精査する、複数のシステムから必要なデータを抽出・加工して1つの帳票を作るといった、これまで人が行っていた複雑で一連性を伴う手順を自動化することができます。

RPA導入における課題

RPAはその利便性から、2016年頃は情報通信業、金融・保険業を中心に導入されていましたが、今日では業種業界問わず多くの企業で採用されています。しかし、RPA導入企業ではさまざまな問題が起きています。これらの問題の根本にはRPAへの過剰な期待や理解不足があり、RPAありきで目的が不明瞭のまま現場ユーザー主導で導入を進めていることにあります。

根本原因・RPAへの誤解

導入の目的・目標が不明瞭

RPAへの過度な期待・ロボットへの理解不足

業務分析・特性の評価が不十分

共通の基準や進め方のルールがない

ユーザー部門やIT部門の役割が不明瞭

発生している課題

導入前

● どの業務がRPA化に適しているのか分からない
● RPA導入に対する現場の不安が大きい
● RPAはすべて自動化できるという誤解が蔓延

導入中

● ロボットの開発が難しい
● ロボットが業務要件を満たしておらず使えない
● 各現場で最適化が進み部門を超えた導入が出来ない

導入後

● ロボットのメンテナンスができるか不安
● 想定した工数削減が実現できない
● うまく現場を巻き込めず、導入拡大を見込めない

RPA導入に対するLTSの考え方

LTSの考えるRPA導入は、ITシステム導入等と並ぶBPRの実行手段の一つです。RPA導入にあたり「プロセス可視化 → 分析 → To Be 検討 → 施策の検討」の段階を踏む必要があります。

 

業務とITアーキテクチャに基づき目的とアプローチを策定

業務とITの構造を分析・可視化、目的・目標を設定し共有、導入におけるルールを定義することで、RPA導入を単なる“ツール導入”から「全社の業務改革」に再定義します。
LTSの考える業務改革とは、一過性ではなく、お客様自身により自律的・継続的に業務改善が進む仕組みを構築することです。
実効性のある業務改革の企画立案は、業務整理がなされていることが前提となります。BPMフレームワークにより、業務分析から課題抽出、施策検討を実施し、永続的な改善を目指します。

STEP

目指すべき
ゴールの明確化

導入前

● 目的・目標の設定と関係者への周知徹底
● RPAの理解と導入の目的に沿ったツールの選定、ロボットリスクの可視化

STEP

実効性のある
手法の確立

導入中

● 業務分析により、業務特性を把握する
● 表層的な課題から本質的な課題を特定する
● プロセスを再構築し、ロボットを最適に配置する

STEP

ガバナンスの構築
スピーディな導入

導入後

● 最低限必要なガバナンスを効かせた組織・体制を構築し、リスクの最小化とスピード感のある導入を実現する
● ロボット導入における全社の役割を定義し、手戻りを発生させない

RPA導入のアプローチ

RPA導入を実効的な業務改善につなげるには、導入の目的とアプローチを検討する必要があります。

RPA導入ロードマップの策定
スモールスタート

自律的・主体的なRPA導入とするための推進手法を策定し、関係者に導入目的やRPA活用例を共有します。また、RPAありきではなく課題に応じた解決手法(業務見直し/AI等テクノロジー活用/既存システム改修など)、最適な改善手法を検討します。

業務アセスメント
RPA対象業務の選定

ビジネスインパクト/業務量/発生頻度/利用ツール/工数/現状の課題、などの観点で情報を抽出し、RPA化に適性のある業務を特定します。業務単位ごとの業務量計測から効果を予測し、RPA導入の優先順位を決めます。

RPAを前提とした
業務可視化・再設計

RPAを導入する各業務においてインプット/アウトプットする情報の流れ、データの性質(デジタル/アナログ、定型/非定型)を識別し、業務を可視化します。可視化した業務において、人とロボットの最適な協業を実現するために業務プロセスを再設計します。

使いやすい
ロボットの設計・開発

事前にRPA化対象業務・内容を決めておくことで、類似処理の共通化など効率的なロボット開発が進められます。また、業務変更に柔軟に対応できる、拡張性・保守性の高いロボットを設計・開発することがRPAの導入効果を高めます。

ガバナンス・ルールの
設計

既存の規程・業務ルールは、人と異なる特性を持つRPA(業務ロボット)の存在を考慮していません。RPAというツールの特性を理解した上で、RPA特有のリスクを回避するガイドライン・管理/開発ルール・セキュリティルールを設計します。

改善・拡大・見直しの継続で
ロボットを育てる

RPAは柔軟にカスタマイズできる特性があるため、業務の状況に合わせて最適な形でカスタマイズし育てていくことが重要です。常に業務の状況に合わせてロボットを改善することで、継続的な効率化が見込めます。

RPA運用設計のポイント

RPA導入ではさまざまなリスクが考えられるため、RPA導入の拡大にあたり開発・運用ポリシーを定めたガイドラインや管理の集約化・体制化が必要です。そのような仕組み作りを担うCoE機能を構築し、導入拡大に向けガバナンスを強化していくことがポイントとなります。

RPA導入のリスク

不正アクセス・情報漏えい

● 意図しないシステムデータの変更
● 個人情報・秘匿情報へのアクセス

野良ロボットの横行

● 稼働しているロボが特定できない
● ブラックボックス化(改修不能)

意図しない機能開発・変更

● ユーザー個人の判断で仕様変更
● アクセスするシステムの理解不足

外部要因によるロボットの停止

● 環境(PC)の変更、関連アプリのアップデートによる動作停止

リスク回避の“しくみ”

ガイドラインの設計

CoE機能の構築

CoE = Center of Excellence

BPMに関する啓発、普及、展開、徹底を推進する機能。BPMに関する推進戦略、方法論開発、ツール整備、教育、監視・評価等を行う。

お気軽にお問い合わせください

03-5312-7010

お電話でのお問い合わせ受付時間 9:30〜18:00