導入事例:専門商社様

業務分析・システム化構想策定

ありたい姿を実行に落とし込むIT導入計画作成を支援

概要

基幹システムの保守体制維持への懸念があり、システム更新の基本計画を策定しました。現行踏襲ではなく、業務的な課題の把握・解決策が検討された目指す姿を策定し、目指す姿に見合ったシステムの調査・比較を行い、選定したシステムに対応した実行計画書を作成しました。

背景・課題

  • 全社として共通でシステム化されるべき業務(例:契約管理、請求業務、為替処理等)が部門別にシステム構築されており、また属人的な業務運用を行っていた
  • 管理すべき情報(契約情報、入出荷情報、請求情報等)が管理Excelや会計システムなど、分散して管理されているため、情報集計が煩雑になっていた
  • 日次処理前提の決算日程、各種システム操作性、分析帳票、IFRSなどで基幹システムの機能面で限界があった
  • 上記の課題を検討するための基になる資料がなく、各部門横断で情報を把握している社員も存在しなかった

課題解決ポイント

課題を特定し、目指す姿の作成と解決までの道筋を以下のポイントで提示した。

  • 現行業務/現行システムの可視化
  • 全体最適の観点で解決策検討し、目指す姿の明確化
  • システムで実現したい業務及び必要な機能を文書化
  • 適切なゴール設定とプロジェクトマネジメントの実施

LTSの提供サービス

課題を特定し、目指す姿の作成と解決までの道筋を以下のポイントで提示、またそれらを計画書としてまとめた

  • 業務/問題の可視化
  • 全体最適の観点で解決策検討し、目指す姿の明確化
  • システムで実現したい業務及び必要な機能を文書化
  • 適切なプロジェクトマネジメントを実施し、ゴールを達成
  • システム基本計画書の作成
業務/システムの分析
・各部門にヒアリングを行い、業務/使用システムの可視化を実施
・システム体系図により業務別のシステム使用有無を明確化
目指すシステム体系の明示
・システムにより共通化する部分をマッピングし、新システム体系を明確化
基本構想策定
・新システム体系に基づく、業務効率、システム保守費用等の効果を算定し、基本構想を策定

成果

  • 部門間の業務標準化推進
    業務分析、システム分析、課題分析を部門間を交えて検討を実施した結果、各部門の業務の標準化を進めることができた。
  • 適切な対象でのシステム構築
    Excel、システムの関係性を図示し、各システム機能の使用有無を詳細に検討した結果、システム化すべき範囲を正しく特定できた。
  • 解決すべき課題の明確化
    業務及びシステム課題を可視化することにより、システム更新で解決すべき課題を明確化した。

お気軽にお問い合わせください


採用、IRのお問い合わせはお電話でも受け付けています
受付時間:9:30~18:00

採用:03-5312-7015
IR問合窓口:03-5919-0512