社員紹介

BPMグループ
マネージャー K.K
早稲田大学 政治学科


これが私の仕事
クライアントと一緒に働きながら、クライアントを変えていく仕事です。
クライアント勤務先に常駐し、クライアントと一緒に働きながら、その目線で課題を見極め、日々、大小様々な解決策を作り上げていく、といった仕事をしています。現在のクライアントは、大手自動車メーカーのバックオフィス(間接部門)の方々。 毎日、請求書の確認や社内手続きの案内、取引先との契約締結といった業務をこなす、いわば”縁の下の力持ち”。

我々は、時にクライアントの一員として、実際に手を動かしてそれらの業務を行います。 ここからがコンサルタントの本領発揮。 手を動かしたからこそ見える本質的な課題に対して、コンサルタントとして、資料を作成し、改善提案を行います。
縁の下の力持ちを支え、更に強く変えていく、そんなコンサルティングがいまの私の仕事です。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

人はなかなか変われない。だからこそ、人が変わる瞬間は最高に嬉しい。
変わるということは労力とリスクが伴います。そのため、コンサルティングを行っていると必ず抵抗勢力に直面します。
「でも・・・」「そうは言っても・・・」「忙しいのに・・・」こんな言葉が出てきたら、変革のチャンス。

ある家電メーカーのプロジェクトでの成果報告会。
これまで懐疑的な言葉が多かったクライアントから、 「よくこれだけのものを作ってくれた」「これからも継続して進めよう」という言葉をいただき、その方の表情がポジティブなものに変わった瞬間は、特に嬉しかったのを覚えています。

そのときは、クライアントやメンバーと意見を戦わせながら、納得できる方策を徹底的に考え、形にしました。人が変わる瞬間に立ち会える、自身の成長も実感できる。これが、この仕事の醍醐味です。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き
コンサルティング会社らしくないコンサルティングスタイルとスタンス
みなさんは、コンサルティング会社にどのようなイメージを抱いていますか。第三者的な立場・専門的な見地からアドバイスする姿でしょうか。
LTSのコンサルティングは、アドバイスするだけでなく、クライアントと一緒に考え、変わるまで付き合うことを特徴としています。このスタイル・スタンスに魅力を感じて入社を決めました。一緒に考えるなかで、当初見えていなかった課題が顕在化することもしばしば。そんな時は臨機応変に方針転換し、メンバーとともに、解決すべき課題の本質にじっくり真剣に向き合います。 作って終わりではなく、TRY and ERRORを繰り返しながら、変わるまで付き合う。このコンサルティング会社らしくないやり方が好き、そんな社員が多いのがLTSの魅力だと思います。
これまでのキャリア
2008年新卒入社
数々のプロジェクトを経験し、現在はBPMグループ所属。