業務改革支援

サービス

実行戦略立ち上げコンサルティング

業務分析サービス

BPO立ち上げコンサルティング

BPM立ち上げコンサルティング

問題見える化セッション

意図

LTSの考える”業務改革”とは、個々の業務領域の分析・改革だけではなく、全社視点からの業務プロセス最適化を意味しています。

企業内で動いている業務プロセスの大半は複数の部署を跨ぎ他の業務プロセスと連携していることが多く、特定箇所の改善施策だけを検討・実施しても大きな効果は出ません。LTSは、業務プロセスを運用している現場から全社業務プロセスの変革を促すとともに、変革を成功させるための持続的な業務変革能力を提供いたします。

なお、全体最適・会社横断的な業務・組織の最適化を実現するための手法としてEA(Enterprise Architecture)の概念を基にご支援します。EAの事実上の世界標準フレームワークである「TOGAF」を適用することで、全体最適での検討を漏れなく進めるための工程をカバーすることが可能です。

理由

LTSは「お客様の業務と人を徹底的に理解すること(「聞き出す力」と「情報を可視化する力=文書力)」と「業務変革を推進する力を持つこと(ファシリテーション力とプロジェクト方法論への理解)」の二つを社員に徹底的に教育しています。見えにくいが故になおざりにされている人としての基本的なスキルを徹底に磨き、プロジェクトを推進する姿勢がお客様から評価されているポイントです。

導入事例
問題見える化セッションによる社員同士の議論の場を提供。サービス改善の共通認識を醸成
人員交代による業務水準低下を防ぐ業務の可視化と標準化を支援
中長期的な業務効率化に向けて、関係者を巻き込んだ改善活動を推進
2ヶ月で業務領域全般を網羅する業務分析を実施、次フェーズへのインプットを提供
低コスト・透明性の高いセンターの構築を支援
サービスデスクの業務可視化・コスト削減を実現
「業務改善の基盤構築」と「風土改革のきっかけ作り」に貢献