福利厚生/制度

Employee Benefits / Systems

勤務制度

フレックスタイム制
通常の時間勤務の定時は9:00~18:00ですが、勤務時間の多様化を進めており、コアタイム11:00~16:00のフレックスタイム制を導入しています。ほぼすべての時間勤務者が活用しています。
裁量労働制
一定の職位や職務の社員については、裁量労働制を認めています。フレックスタイムよりもさらに一歩踏み込んで、各自のニーズに合わせた勤務時間の選択が可能です。
限定正社員
育児時短などの特別な事情がなくとも、各自の価値観とライフステージによって、勤務時間/勤務場所/業務内容のいずれか、またそれら複数を限定した働き方を選択することが可能です。
テレワーク
本格的なテレワーク制度を設計中です。現在はまだパイロット運用の範囲ですが、既に地方在住でのリモートワークを実践する社員や、一部部門で一斉在宅勤務を行うなど、総務省の進める「テレワーク・デイ」の取り組みにも参画しています。

福利厚生

関東ITソフトウェア健康保険組合
関東ITソフトウェア健康保険組合に加入しています。各種社会保険の完備(雇用、労災、健康、厚生年金)はもちろん、健康診断などの医療以外にも、加入企業限定で宿泊施設やレストラン、スポーツジム、ディズニーリゾートなどが割引価格で利用できます。
ベネフィット・ステーション
民間の福利厚生サービスである、ベネフィット・ステーションを活用しています。
サービス数は100万件以上、地域・世代間格差なく提携メニューを何度でも割引価格で利用可能です。
また、現在カフェテリア・プランを設計中で、育児介護・自己啓発・年金/退職金などの追加支援施策も導入予定です。

休日・休暇

休暇・年間休日
週休2日制(土・日)、祝日、年末年始休暇、夏季休暇、創業記念日を含め、年間120日以上です。
有給休暇
年間最大20日(初年度12日)付与されます。翌年に繰越可能です。
特別積立休暇
消化しきれなかった有給休暇について、時効後さらに1年間積立てることができ、傷病時や育児・介護だけでなく、ボランティアや自己啓発のために活用することが可能です。
特別休暇
結婚休暇、出産休暇、慶弔休暇、生理休暇、公傷休暇制度があります。
看護休暇
未就学児の看護のための休暇を取得できる制度があります。

ライフプラン

産前産後休暇
出産予定日の6週間前(多胎妊娠の場合は14週間前)、および出産日から8週間の休暇を取得できます。
育児休業
子どもが1歳に達するまでの間、最長1年間取得することができます。場合によっては、子どもが1歳半に達するまで延長が可能です。
スムーズに職場復帰できるよう、復帰前後に面談を実施するなどのフォロー制度があります。
介護休業
要介護状態にある家族を介護する場合は、介護休業を取得することができます。
短時間勤務制度
育児・介護の必要に応じて、始業終業を定時の1時間前又は後を上限とし、30分単位にて、各自始業終業時刻を申請することが可能です。
慶弔見舞金
社員の慶弔に際して、結婚祝金・出産祝金・香典料・傷病見舞金・災害見舞金などの各種見舞金を支給します。

キャリア形成

資格取得支援制度
業務上取得・保有することが有効と認められている100近い各種資格について、学習時間の業務認定、受験料やその他受験費用のバックアップなど、個人の資格取得を推進しています。
自己啓発支援
現在担当している業務とは直接関係がなかったり、資格取得支援制度で定められている範囲外の資格であっても、個人のキャリアプランに基づいて必要な研修や資格については、受講や取得に向けた金銭的バックアップを行っています。
新入社員研修
新卒新入社員の場合は、事務管理系・知識スキル系・スタンス系まで幅広く、座学やプロジェクトワークを中心に3か月間の受入研修を実施しています。
経験者新入社員の場合は、事務管理系と当面のアサイン先を想定したデリバリ準備を中心に1週間程度受入研修を実施しています。
新入社員フォローアップ研修
新卒新入社員の場合は、1年目は四半期毎、2年目は半期毎、3年目は1年に1度、同期全員でフォローアップ研修を行っています。また、特に1年目については、プロジェクトアサイン後も隔週で帰社し、振り返りやお互いの経験から学ぶ場を提供しています。
経験者新入社員の場合は、フォローアップの研修ではなく、フォローアップの面談と同期会という、社内コミュニケーションの場を提供しています。
各種階層別研修
プレーヤーとしての役割がシフトするにつれて、リーダー研修・プレマネ研修・マネージャ研修・シニマネ研修などの、各種階層別研修が行われます。
各テーマ別研修
情報セキュリティ、メンタルヘルス、ハラスメントなどの、その時その時で会社として重点的に取り組むテーマについて、全社を対象に研修を実施します。
研修だけではなく、勉強会という形態をとったり、eラーニングという形態をとることもあります。
各種勉強会
業務上重要なトピックについては、有志で勉強会を立ち上げ、広く社内にメンバーを公募して継続的な勉強会を展開してます。これまでも会計やwebシステム開発、データサイエンスやデザインなど、さまざまなテーマで開催されています。
各種外部団体への参加
サービス向上・スキルアップのために、外部の研究/学術/交流団体に参加することが奨励されています。会社が参加費用をバックアップしているので、研究プロジェクトに参加したり、海外カンファレンスへ出席をすることも頻繁に行われています。
その他各種キャリア開発
プログラム
各部門で企画する育成プログラムは多数存在します。
また、若手の中で選抜されたメンバーは、某国立大学主催のアントレプレナーシップ開発PGM(国内トレーニング半年+アメリカ東海岸でのワークショップ12日間)に派遣します。

コミュニケーション

社員総会
全社員が参加する総会を1,7月に定期的に開催しています。全社の目標や状況を共有するなどの情報共有に加えて、著名人をお招きする講演会、社員間の相互理解を深めるためのワークショップを行います。
また総会後には、懇親会を行い、新入社員を歓迎したり、日ごろ会わない社員との旧交を温めたりします。
部門活動
各部門で合宿や勉強会を実施し、部員同士の交流を深めるだけでなくさまざまな議題について討論しサービス向上につなげています。
ラウンド・テーブル
顧問や監査役、役員と、すべての社員がダイレクトにコミュニケーションをとれる懇親の場を作っています。普段はなかなか直接話せないことも、場があることで双方向の対話ができます。
四つ葉
複数名の新卒新入社員と、上司ではない1-2名のシニア・マネージャ・クラスの社員が一つのグループをつくり、定期的に集まって会食をしながら仕事やプライベートの相談をしたり、懇親を深めています。
経験者同期会
同一四半期に入社した経験者採用の社員を「同期」として、1年間は会社のバックアップの元で同期会を開催しています。2年目以降は各代がそれぞれのやり方で同期としてのつながりを持っています。
目安箱
ふとした疑問や、業務改善の提案など、とにかく経営や社員に知ってほしい問題提起を匿名で受け付けています。投稿内容は全社で共有され、経営会議で対応を検討し、全社の改善活動に活かしています。
おもてなしBBQ
年に1回、経営メンバーが、一般社員をおもてなしするBBQを開催しています。社員だけでなく、社員の家族や内定者も参加し、交流を深めています。
運動会
IT業界横断で開催される大運動会に有志で参加しています。
各種サークル活動
社員の趣味の延長線で、テニス・バスケ・ゴルフなどの各種スポーツから、ハイキングやトレッキング、トレーニングなど、幅広い活動が行われています。

評価・報酬

昇給
年に2回、半期毎に評価を行います。自己評価と上司評価の摺り合わせを評価面談を通じて行い、確定した評価結果に基づいて、年俸の改定(昇給)を行います。
また、昇降格の審査も半年毎に行っており、合わせて年俸の改定(昇給)を行います。
個人業績賞与
年に1回、人事評価の一要素である業績評価(当期業績に対する貢献度合いの査定)の結果に基づいて、個人業績賞与が支給されます。
全社業績賞与
年に1回、全社としての業績に応じて、業績賞与が支給されます。
表彰
年に2回『LTS valueの体現』『創造と変革』『縁の下の力持ち』など、さまざまな観点で活躍した社員を称え、賞金・賞品を付与します。

お気軽にお問い合わせください

03-5312-7010

お電話でのお問い合わせ受付時間 9:30〜18:00