LTSコラム

よく分かるビジネスアナリスト 第4回:『ビジネスアナリストに求められるスキルとは?』
2017.5.8

こんにちは。LTSのコンサルタントの大井悠です。今回は「ビジネスアナリストに求められるスキル」を紹介したいと思います。ビジネスアナリストとして仕事をするためには、いろいろなスキルが必要になります。今回は、BABOK(※1)に記載されているコンピテンシをベースに、より具体的な内容をお話したいと思います。

※1: BABOK:A Guide to the Business Analysis Body of Knowledge。International Institute of Business Analysis (IIBA) が発行するビジネスアナリシスの知識体系をまとめたもの。現在、Version3.0まで発刊されている。

6つのコンピテンシ

最新版のBABOKによると、ビジネスアナリストのコンピテンシには大きく6つのエリアがあります(下記の図参照)。

BABOK 6つの基礎コンピテンシ

 

これらのうち、分析的思考、問題解決、行動特性、コミュニケーションのスキル、人間関係のスキルは、いずれもソフトスキルに分類できます(図ではピンク色に塗っています)。対して、ビジネス知識、ツールとテクノロジーはテクニカルスキルに分類できます(図では緑色に塗っています)。図で見ると分かりやすいですが、コンピテンシの半分以上がソフトスキルです。このように、ビジネスアナリストに求められるスキルは、ソフトとテクニカルの両方が必要とされ、またソフトスキルの比重の方がやや重いのが特徴です

ちなみに、コンピテンシとは「高い業績を上げている人の行動特性を分析し、その行動特性をモデル化したもの」なので、6エリアの全てを完璧に満たさなければビジネスアナリストになれない、というわけではありません。担当する領域によって重視されるスキルの濃淡は様々ですし、多くの職業がそうであるように、人によって強み弱みは異なります。ただし、ビジネスアナリストとして仕事をする過程で、各エリアに登場するスキル群は必ず必要になります。ビジネスアナリストは、キャリアを積む過程で、多かれ少なかれ徐々にこうしたスキルを身に着けていく必要があります。

というわけで、ここまではビジネスアナリストのコンピテンシについて紹介しました。ここから先は、このコンピテンシをソフトスキルとテクニカルスキルに分けて、それぞれどうやって獲得していけばよいのか、考えてみたいと思います。

ソフトスキルは現場で身に付く

コンピテンシの半分以上を占めるソフトスキルですが、その内訳は「システム思考」や「創造的思考」など、一見、どうやって習得すればいいのか頭を抱えてしまうものばかりです。ソフトスキルは、一般的にテクニカルスキルと比べて学習が難しいと思われがちです。その理由の1つは、ソフトスキルは目に見えず定量的な測定が難しいため。そしてもう1つは、その人自身のパーソナリティや生まれつきの才能に起因するもののように思われてしまうためです。特に「コミュニケーション能力」や「思考力」は、パーソナリティと結び付けられる傾向が強いかもしれません。しかし、これらの理由は必ずしも真実ではありません。職業的に求められるソフトスキルは、十分に学習可能です。

ソフトスキルとは、平たく言えば、「ある状況下でどのように行動するとより良い結果を生み出すのか?」「どのような思考の癖をつけると、物事を正しい方向で考えられるのか?」といった状況に応じて適切な行動・思考を出来る能力を指します。この能力は、どれだけ多くの「起こりうる状況」と「適切な行動・思考パターン」を知っているかによって養われます。そうした知見は座学でも多少は学ぶことも出来ますが、基本的には実業務を遂行する中で経験則的に形成されます。逆説的ではありますが、ソフトスキルは業務経験を通して後からついてくるもので、ビジネスアナリストになるために事前に養うには限界があります。

私自身も、新卒でLTSに入社して以来、ビジネスアナリストとして働いてきましたが、日常生活においては、けしてコミュニケーション能力やリーダーシップがあるタイプではありません(むしろ社交全般が苦手です)。それでもこの仕事が務まっているのは、現場で先輩の立ち振る舞いを見て、状況や対応のパターンを学習し、ビジネスアナリストとして求められるソフトスキルを養っていったからだと思います。

より良い成果を残したいという意欲を持って現場で経験を積んでいけば、ソフトスキルは着実に形成されていきます。私は現場経験を積み、あらゆる状況や判断のパターンのシャワーを浴びることがソフトスキルを学習する上で最も有効だと考えています。

まず役に立つのはテクニカルスキル

手っ取り早くビジネスアナリストとしてのスキルを伸ばすには、ソフトスキルよりも、まずテクニカルスキルに着目することをお勧めします。BABOKで語られるテクニカルスキルは「ビジネス知識」と「ツールとテクノロジー」の2つです。

「ビジネス知識」は、「ビジネス感覚」「業界の知識」「組織の知識」「ソリューション知識」「方法論の知識」の5つの知識エリアで構成されています。語感からなんとなくイメージは湧くと思いますが、その企業・業界・組織についてどれだけ理解しているか、業務可視化やシステム開発などの方法論・市場知識を理解しているかといった知識を指します。「ツールとテクノロジー」は、たとえば業務フローを記述する際に使うモデリングツールや、WardやExcelなど基本的なOAツールを使用できるか?といった具体的なツールの取り扱いに関するスキルを指します。

業務・方法論・ツールなどの知識は、ビジネスアナリストの仕事の基盤です。これまでのコラムで、「ビジネスアナリストの仕事は変革プロジェクトにおいて、要求・要件を関係者間で共有するためのコミュニケーションのハブになること」だと紹介してきました。こうしたコミュニケーションを円滑に行うためには、ビジネスアナリスト本人が、その業界・業種・業務を正確に理解できる、業務を可視化する方法論を知っている、モデリングツールを使える、具体的なソリューションを知っているなど、知識を持っていることが欠かせません

私は経験値の浅い新米ビジネスアナリストこそ、テクニカルスキルを積極的に育てていくことをお勧めしたいです。経験の中からじっくり養われるソフトスキルと比べて、テクニカルスキルは努力次第で短期的に一定レベルまで習熟することができます。しかも、間違いなく現場ですぐに役立ちます。例えば、工場で行われている業務をヒアリングする際に、「生産管理」や「製造」といった業務領域では一般的にどんな仕事が行われているのかを知っているか否かで、ヒアリング相手が話す内容に対する理解度は大きく異なります。そして、この理解度の差はアウトプットの品質に直結します。知識を持っていることは、ビジネスアナリストにとって強力な武器なのです。

幸いにも、この手の知識は書籍やテキストといった形式知として世の中に多く出回っています。ですから、これからビジネスアナリストを目指す人、新米ビジネスアナリストがスキルを養うにはうってつけと言えます。
というわけで、今回のコラムはビジネスアナリストに求められるスキルについてお話しました。次回のコラムでは、本コラムの続編として、ビジネスアナリストが身に着けるべき知識について、より深掘りをしていきたいと思います。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

◆関連書籍のご案内◆

ビジネスプロセスの教科書

※Amazonで購入する。

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の効果が出なかったり、システム開発がトラブル続きだったりと、ビジネスプロセスマネジメントが上手くいっていないと多くの課題を引き起こします。
2015年7月に刊行した『ビジネスプロセスの教科書―アイデアを「実行力」に転換する方法』では、このような問題を解決するために、ビジネスプロセスとは何か、どのようにマネジメントすれば良いのか等をわかりやすく解説しています。また、著者がこれまでにお客様企業の現場で経験してきたビジネスプロセス変革の事例も多く紹介しています。ユーザー企業側で組織変更、情報システム導入、アウトソーシング活用といったビジネスプロセス変革を行う予定のある方はもちろんシステム開発やアウトソーシングベンダーの担当者の方も必見です。