導入事例 - 鉄道会社様 -

ヒューマンエラー防止教育コンテンツ開発
eラーニングと研修の組み合わせにより、短時間で学習定着率の高い安全教育を提供

概要

従業員(約9,000名)向けに、短時間でわかりやすい安全教育を実施するためのヒューマンエラー学習 eJTコンテンツを展開しました。

背景・課題

これまでも安全教育は、研修/動画/パンフレットなど様々な手法で行われてきたが、どれも目に見えた効果が出ていなかった。
運転士、車掌は多忙であり、短時間で学習を行う必要があった。また、職種によって業務オペレーションが異なっており、情報共有が不十分なことも、安全教育の弊害になっていた。

LTSの提供サービス

単独受講を前提としたeJTコンテンツのカスタマイズの提供

  1. eJTコンテンツの特長である、「頭の体操」、「事例の紹介」、「原因の探求」、「事例の解説」、「まとめ」の学習ステップを実装しました。
  2. 短時間・単独受講できるよう、「ロールプレイング」を「改善後の事例(処方箋の一部)」として提供しました。

 

el006