導入事例 - JR東日本様 -

eラーニングによるヒューマンエラー防止教育
eラーニングを利用した独自教育手法により、教育を効率化&学習効果を最大化
※第7回日本e-Learning大賞「経済産業大臣賞」を受賞しました。

概要

保守用車従事者向けに、効率的・効果的な「安全教育・ヒューマンエラー教育」を展開しました。

背景・課題

  1. 安全教育・ヒューマンエラー防止教育が不可欠に!
    • 保守用車使用時の作業において、ヒューマンエラーに関わる事故が毎年一定件数発生
    • ハード面の対策だけではなく、ソフト面の対策として心理面も含んだ教育が求められた
    • 作業の外注化などにより、一度に全員が集合し研修を開催することは困難であった

LTSの提供サービス

eラーニングで効率的な教育を実現

  • eラーニングの活用により、時間的・物理的な制約を解決した、効率的な教育展開を実現
  • 学習効果が低い、退屈な学習となり定着しにくい、といった従来のeラーニングの問題を解決する独自の教育設計手法を活用し、学習効果最大化・行動変容を実現

 

el001