導入事例 - エネルギー企業様 -

事務センター業務効率化
中長期的な業務効率化に向けて、関係者を巻き込んだ改善活動を推進

概要

営業部署等で発生する事務を請け負う事務センターの全業務を可視化・分析し、あるべき業務と課題の策定のほか、各業務のアウトソーシング可否について提言を行いました。

背景・課題

約120名の社員が従事する事務センター、業務の属人化により業務の実態把握が難しく、改善が困難な状態でした。業務システムの刷新を控えており、業務システム改修による業務システムの見直しが困難なため、業務サイドでしか改善を行えない状態でした。

LTSの提供サービス

  1. 既存業務の可視化
    業務マップおよび業務フローを作成し、既存業務を可視化。
  2. あるべき業務策定
    可視化した既存業務についてコスト削減と業務効率化を軸とした業務分析を行い、あるべき業務を策定。
  3. 業務効率化の効果測定
    現場を巻き込む形であるべき業務の仮運用を行い、あるべき業務を実現した場合に得られる効果測定を実施。

bpr005